休憩時間の過ごし方

One day大会などの1日で終わる試合形式の場合は、長丁場になるため試合と試合の合間に休憩時間が入ることがあると思います。もし決勝まで勝ち進んだのであれば、8時間程度拘束されることもしばしばあります。大体5~8試合ほどをこなさなければいけないのです。ですが、その休憩時間も有効に使うことで、より試合の勝率を上げることができるかもしれません。もし、試合と試合の合間の休憩時間にするとしたら何をしていたらよいと思いますか?

私はフットサルの試合に出ていた時にはいつも次に当たる対戦相手の試合を偵察しに行っていました。また、見たところ強そうなチームや決勝常連チームなどの試合も偵察に行きます。どのような試合の持っていき方をするのか、どのポジションに力を入れているのか、どのメンバーが要注意人物なのかなど、情報はあればある分だけ取っておくほうがよいでしょう。そうすることで、自分たちはどうやって試合を運ばせるのか対策を練ることができるからです。どんなに強い相手でもこうした地道な作業によって、勝利の確立を少しでもあげることにつながるはずです。また、one day大会のように長丁場になる場合は、おなかもすいてくるので、試合前の腹ごしらえも試合に響かない程度のものにしておくとよいでしょう。