フットサルのチームワークと考え方

フットサルはサッカー経験者の方が有利であるというような考え方が一般的であり、確かにある点を取って言えばそうであるかもしれませんが、実際のところきちんとフットサルとして技術を積んでいくことで、経験者ではたどり着かないレベルに到達することもできるかもしれません。サッカーとフットサルでは、大きく足の動かし方や動き方が異なりフットサルに重点を置いた動き方であったり、ボールの蹴り方を習得していくことができさえすれば、十分に技術を向上させることはできますし、個人の力が強いと言われるフットサルにおいてはとにかく自分自身の技術を安定させることが活躍の場を広げる一番のポイントである、という風に入れるでしょ。フットサルの最も基本と言われる足裏を使ったインサイドキックやボールトラップボールキープと呼ばれるような技術は、必ず押さえておかなければならないというふうに入れるわけです。例えば、サッカーからフットサルに移行した人などはこのような技術についてもう十分にできているなどという風に感じる人も多いかもしれませんが、フットサルではサッカーとは比べ物にならないくらいにボールのキープ精度が高くなっていなければならないということを覚えておかなければなりません。当然のことながら、プロ選手などであればミリ単位でパスを調整することができるなど、かなり基礎的な技術のポイントが高いということは間違いなく言えるかもしれません。そのような意味では正確なパスワークやシュートボールキープを行うことが、自分自身の技術を向上させるだけではなく、チームの技術を向上させることでまとまっていくという風に言えるかもしれません。基本技術のレベルの向上がフットサルでは重要であるということは繰り返し言っておいてもいいと考えられるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です