パスの失敗とトラップの重要性

実際のところサッカーの試合でも多く見かけるミスとして挙げられるのは、パスを受ける際にトンネルをしてしまいボールを後ろにそらしてしまうというようなケースでこのような場合一人で上がっていたオフェンスなどに、ボールを取られてしまいそのままゴールに持ち込まれてしまったというようなケースがしばしばあるという風に言われているようです。このような事態は人間がプレイしている以上どうしても起こり得ることであるという風に言ってしまえばそれまでですが、未然に防ぐ手立てを考えておくことも特に重要であるという風に言えるでしょう。実際のところトンネルをしてしまうを多くの選手というのは足裏でトラップ使用しようというふうに考えすぎてしまう節があるかもしれません。きちんと正面から 受けていないことがその主な理由となっているわけですが、試合の中や実戦形式の練習などでは体を動かしてもどうしても追いつけないボールをトラップしなければならない時も出てくるかもしれませんそのような際には、臨機応変に足のどこかの部分できちんとボールをピタッと止めることができるように、最善を尽くさなければならないという風に言えるでしょう。当然のことながらフットサルにおいてはほんの少しトラップが遅れたりボールを逸してしまっただけでも、すぐに失点に繋がってしまうことが多い競技であるわけですからなるべくボールを相手に渡さないことが第1である、という風に言えるでしょう。そのような考えに基づけば足裏でストラップするだけではなく、土踏まずの部分のインサイドでトラップできるのがベターであるという風に言えるでしょう。ベストではなくてもベターな選択肢を選び続けなければならないのがフットサルの難しいポイントであるというふうに言えるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です