コンテンツ作り

投稿者: | 2020年7月27日

顧客の「購入プロセス」といった情報を基に考えてみると、facebookページなど、ホームページ作成をその他のコンてんつが潜在顧客に対してアプローチできる可能性があることがわかるでしょう。このような認知フェーズを利用する場合には、できるだけ多くの人に知ってもらうといった点や、興味を持ってもらえるようなコンテンツを作ことが重要と言えるでしょう。単にソーシャルメディアでシェアされるといった情報で終わるのではなく、閲覧者に「アクションを起こさなきゃ」という気を起こさせるようなコンテンツが理想と言えるでしょう。例えばfacebookに開設したページでは、見てくれた人が興味を持ったまま次のプロセスへと進んでいけるようなコンテンツ提供が理想であり、そのような運用が必要と言えるでしょう。マーケティングと言う点を意識したコンテンツ戦略などにおいては、各ポイントに注意してコンテンツ作りを進めていく必要があるでしょう。例えば、売りこみのためのコンテンツを作る場合にはメリットばかりを強調してしまいがちで、このようなコンテンツは認知フェーズにおいては読んでいる側が白けてしまうといったことが多く発生しているようです。そのため、売り込み要素を最小限に押さえつつも、専門家ならではの情報提供で読み手の興味を掴んでおくことが大切でしょう。問題や解決策などをつらつら提示したところで、読み手が「不要」と感じてしまっては意味がなく、問題意識をすり合わせておく作業というのも必要でしょう。また、専門性といったものにこだわりすぎて専門用語の羅列といったことにも注意が必要でしょう。難しい説明を並べたところで情報は届いていきません。誰にでもわかりやすく記事を書くと言うのは、どの媒体でも基本であると言えるでしょう。マーケティング目的でのコンテンツ作成は販売促進がゴールであるため、しっかりと企業活動の目的に沿ったコンテンツを準備することも大切でしょう。企業提供のコンテンツであるならば、読者の偏りという点も鑑みて接するべきと言えるでしょう。