パスの失敗とトラップの重要性

実際のところサッカーの試合でも多く見かけるミスとして挙げられるのは、パスを受ける際にトンネルをしてしまいボールを後ろにそらしてしまうというようなケースでこのような場合一人で上がっていたオフェンスなどに、ボールを取られてしまいそのままゴールに持ち込まれてしまったというようなケースがしばしばあるという風に言われているようです。このような事態は人間がプレイしている以上どうしても起こり得ることであるという風に言ってしまえばそれまでですが、未然に防ぐ手立てを考えておくことも特に重要であるという風に言えるでしょう。実際のところトンネルをしてしまうを多くの選手というのは足裏でトラップ使用しようというふうに考えすぎてしまう節があるかもしれません。きちんと正面から 受けていないことがその主な理由となっているわけですが、試合の中や実戦形式の練習などでは体を動かしてもどうしても追いつけないボールをトラップしなければならない時も出てくるかもしれませんそのような際には、臨機応変に足のどこかの部分できちんとボールをピタッと止めることができるように、最善を尽くさなければならないという風に言えるでしょう。当然のことながらフットサルにおいてはほんの少しトラップが遅れたりボールを逸してしまっただけでも、すぐに失点に繋がってしまうことが多い競技であるわけですからなるべくボールを相手に渡さないことが第1である、という風に言えるでしょう。そのような考えに基づけば足裏でストラップするだけではなく、土踏まずの部分のインサイドでトラップできるのがベターであるという風に言えるでしょう。ベストではなくてもベターな選択肢を選び続けなければならないのがフットサルの難しいポイントであるというふうに言えるわけです。

フットサルのチームワークと考え方

フットサルはサッカー経験者の方が有利であるというような考え方が一般的であり、確かにある点を取って言えばそうであるかもしれませんが、実際のところきちんとフットサルとして技術を積んでいくことで、経験者ではたどり着かないレベルに到達することもできるかもしれません。サッカーとフットサルでは、大きく足の動かし方や動き方が異なりフットサルに重点を置いた動き方であったり、ボールの蹴り方を習得していくことができさえすれば、十分に技術を向上させることはできますし、個人の力が強いと言われるフットサルにおいてはとにかく自分自身の技術を安定させることが活躍の場を広げる一番のポイントである、という風に入れるでしょ。フットサルの最も基本と言われる足裏を使ったインサイドキックやボールトラップボールキープと呼ばれるような技術は、必ず押さえておかなければならないというふうに入れるわけです。例えば、サッカーからフットサルに移行した人などはこのような技術についてもう十分にできているなどという風に感じる人も多いかもしれませんが、フットサルではサッカーとは比べ物にならないくらいにボールのキープ精度が高くなっていなければならないということを覚えておかなければなりません。当然のことながら、プロ選手などであればミリ単位でパスを調整することができるなど、かなり基礎的な技術のポイントが高いということは間違いなく言えるかもしれません。そのような意味では正確なパスワークやシュートボールキープを行うことが、自分自身の技術を向上させるだけではなく、チームの技術を向上させることでまとまっていくという風に言えるかもしれません。基本技術のレベルの向上がフットサルでは重要であるということは繰り返し言っておいてもいいと考えられるでしょう。

選手交代で気を付けたいところ

フットサルを始めてから何年も月日が経ちましたが、やはり試合の時の緊張は独特のものですよね。私も初めて神奈川のフットサル大会に出たときには緊張のあまり吐きそうになったほどでした。

さて、そんな試合中の出来事で、いろいろな戦略や事情を鑑みて、選手交代を行うことがあると思います。ある時にはその選手交代に納得がいかず不満が起きるケースもあると聞きます。そこで、今回は選手交代の時のアドバイスが出来ればと思います。

恐らく不満の溜まる原因は、なぜ選手交代をしたのか、その意図が組めないことにあるんじゃないかと考えられます。それならば、試合前にゲームプランを紙などで書き出し、事前に交代するタイミングや選手を共有することが大切なのではないかと思います。

例えば、チームの人数が8人いる場合、ゴレイロというポジションをフル出場させて、他のポジションを同じポジション同士で交代させるという方法があると思います。それぞれの出場時間を均等にするように心がけるとよりよいのではないでしょうか。また、チームの人数が6人しかいないケースであれば、一人ひとりの負担が大きくなりスタミナ切れを起こすことも考えられるので、そういった場合には小刻みに交代を入れるようにするとスタミナ切れを予防することが出来ると考えられます。