守備のキホン

フットサルの試合を行っていくうえで、基本となってくる概念として「攻撃」と「守備」がありますよね。その守備や攻撃のポジションをしっかり押さえておくことで、試合をより有利に運ぶことができるかもしれません。

フットサルの試合中、マンツーマンの守備で大切なのは、自分のマークする相手をあらかじめハッキリさせておくということです。マンツーマンというぐらいですから、基本的に相手チームのメンバーの一人にしっかりついておくことが大切になるでしょう。このマークをするという行為は大変重要で、これを一人でも疎かにしてしまった場合は、即失点に繋げてしまう可能性だってあるのです。そのため、チーム全体で「マークについたら最後までやり通す」ということをしっかり認識しておくことが大切だと思います。マークにつくコツは、試合前に自分のマークを決めておくことです。ただし、このやり方は確実性はあるのですが、スタミナを多く使うため、体力に自信のある人に向いています。また、相手のチームがブロックやスイッチによってマークを逃れてしまう場合も考えられます。そのときには、周りで声を掛け合ったりすることで、試合をカバーしていくことも大切です。